会社概要



代表からの挨拶


何故私が会社を設立することになったのか。

私は約30年内科医、神経内科医として救急病院に勤めていました。その間在宅医療にも関わり往診にも行っていたことがあります。神経内科は一般によく知られている認知症、パーキンソン病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)、脳卒中、てんかんなど沢山の病気を診ますが、完全に治るという病気はほぼなくて徐々に悪化して寝たきりになるような疾患の方が多いところです。治せないのだから診断がついたら病気がある状態でどのように生きていったら良いのかという話を沢山してきました。

お医者さんに成り立ての頃にあるお薬について“必要悪“ と言われました。副作用が沢山あるけれども病気をコントロールするためには使わざる得ないという意味です。また最後には負けるんですよっていう言葉も聞きました。 病気がコントロールできなくなってしまうということです。そんなもんだと思って諦めていました。

色々なことを勉強するうちに病気にならないように予防していくことが思っているより 積極的に可能だということ、病気になってしまってからでももっとアプローチできる方法がどんどん出てきたということが分かりました。
そして、自分自身が怪我をしたり体調を崩したりして沢山の気づきがありました。病院で待っているのではなくてもっと積極的にアプローチしていきたいと思っていたところ様々な出会いがあり背中を押していただき会社を設立することになりました。


会社概要

ロゴ

玄関


セミナー風景
セミナー風景

応接室
応接室


アクセスマップ