Migraines and Kriya Hops

頭痛持ちですか?

休日だからのんびりしようと思った時に限って
頭痛で気分がスッキリしないということはありませんか?

私はそういうことがしょっちゅうありました。
週末お休みだから金曜日の夜はのんびりして、
土曜日の朝も目覚ましなしに寝たいだけ寝ようってことで
いつのように朝早く目が覚めてもまたそのまま布団の中で二度寝を
楽しむのですが・・・

次に目が覚めたらガンガンと頭が痛い! 
結局のんびりのはずの休日は寝たり起きたりお家の中

月曜日の午前中まで何だかぼーっとしているって
最悪のパターンです。

市販の鎮痛剤や病院で処方される薬を飲んでも治らず結局はゴロゴロしている
しかない。



これって典型的な片頭痛のパターンです。

今朝もまたやってしまいました!

でも今はとっても良い味方ができました。
Kriya Hops を飲んでしばらくするとスーッとこの痛みが消えます。

不思議なくらいです。

でも注意点が一つあります。
ちゃんとお水もたくさん飲みます。

実は片頭痛を誘発したのは
二度寝をしたこと
そのために空腹だったこと
夜から水分を摂っていないため脱水気味だったこと

が大いに関係しているからです。

なぜKriya Hops で片頭痛がすっきししたか
それにはちゃんと理由があります。
知りたい方は問い合わせてください。

高校以来の片頭痛持ちだった私が長年かけて気付いた
片頭痛が起こりにくくなる生活の仕方があります。




Healthy longevity

Healthy longevity

2000年にWHOが健康寿命を提唱しました。 自立した生活ができる期間と定義されています。

2020年に発表されて2019年時点での健康寿命は男女とも日本が一位です。
男女合わせた場合74.1歳、男性は72.6歳、女性は75.5歳です。

平均寿命(出生時に生存できると期待される年数)も日本が一位で84.3歳(男女合わせて)です。

日本ってすごい!と喜んでばかりもいられません。

健康寿命を過ぎて平均寿命までの間が長いと思いませんか?
できれば誰かの世話にならずに最期まで生きたいと思いますよね。

それだけでなく、超超高齢化社会の日本では世話をしてくださる人も高齢者ということが
これからどんどん起きてきます。
いわゆる老老介護です。

この前パーソナルトレーナーの方から筋肉について面白い話を聞きました。




縁があって父がパーソナルトレーナーの方にお世話になっているのですが、
子供の頃にしっかり歩いていたから筋肉がしっかりしているそうです。
一日1万歩なんていうレベルではない距離を徒歩で学校に行っていた話を
聞いています。 峠越えです。
今なら自転車通学どころか車で送り迎えの距離です。
中年以降も特にスポーツはしていないものの歩く速度は速い方でした。

それが高齢になっても糧になっているのです。

そこで少し調べてみたところ
立ち幅跳びの動作を比較したところ3.5歳以降運動能力の伸び率にはほとんど変化が
ないというデータがありました。
やはり三つ子の魂100までのようです。

でもしかしです。
今更子供には戻れませんよね。

筋肉は幾つになっても鍛えられます。

特別な道具も必要ないです。 家の中にいてもできます。
椅子に座る時に背筋を伸ばして座ることでさえ筋肉を使っています。
たまには床の拭き掃除をするとそれだけでかなりの筋トレになります。

隣近所に迷惑にならないような家の中でできる運動についても
スマホなどで探せばいっぱい紹介されています。
ただ年齢とともに運動をしないと体が硬くなっていますからそれも考えて
やらないと怪我の元です。

こんなことを書いている私も最近は登山もスキーもご無沙汰になったため
動画を見て時々トレーニングしています。











Reduce toxins

身の回りの毒素に気づいていますか?

私たちは毒素に囲まれて生きています。

殺虫剤、農薬、防カビ剤などは害虫やかびだけ選んで
作用するわけではないです。

私たちは微生物と共生しています。

パーソナルケア用品はどうでしょうか。
シャンプー、石鹸、化粧品などに何が入っているか調べたことありますか?

最近髪の毛が寂しくなってきたのは歳のせいではなくて
使っているシャンプーが原因かもしれません。

掃除用の各種洗剤ありませんか?
ガラス用、床用、お風呂掃除用、トイレ掃除用・・・。
この成分も見たことありますか?

まだまだあります。

重金属、かび・・・。

水道水、食品添加物は国が定めている基準があるから大丈夫だと思っていませんか?
急性の毒性はないのは確かですが
色々なものが時間をかけて蓄積したらどうなるかは
誰も知りません。



おそらく私たちが生きている間には明らかにならないかもしれません。

全部避けることは無理です。
掃除をする時に重曹やクエン酸を使ってみる。
なるべく加工食品を止めてみる。
鉄のフライパンを使う(少々手間はかかりますが丁寧に扱うようになります)
いろいろできることから始めてみてはどうでしょうか。

そして入ってしまったものはなるべく外に出すために
しっかりいいお水を飲むことや適度な運動をすることも大事です。

しっかりとできている人から見たらそんなのでは
全然足りないと思われるかもしれませんが
やらないより少しでもやったほうが絶対に良いと私は思います。


When the buds of the tree

When the buds of the tree
立春から春分の日ぐらいまでの時期を指す言葉です。
読み方は“このめどき“ です。
字が示している通り春になり様々なきが芽吹く頃のことを指しています。

今まさにその時期なのですが私が住んでいるあたりでは今日の最低気温は3度ですが
どんどん気温が上がって最高気温が18度になる予報です。
こうなってくると朝早くに出勤する人は真冬の格好、
昼間だけ活動する人は春の格好になります。

寒い時には体は全体的に交感神経が優位になり緊張していますが、
暖かくなるとホッとして副交感神経が働き出します。
1日のうちにこれだけ温度の差があると体がついていけなくなり
悲鳴を上げることがあります。

これが木の芽時に体調が悪くなるという原因の一つです。



関西にはもう一つこの時期によく言われる言葉があります。
“お水取りが終わると春が来る“

お水取りとは東大寺の二月堂の行事ですが毎年3月12日の深夜に行われます。

3月になって気温が上がってきても3月12日をすぎるまでは寒の戻りがあると
言われています。
最近は暖冬なことが多いのであまり感じなくなりましたが、
今日、天気予報を見ていたら明日からは最低気温がグッと高くなっていました。

日本では3月が年度の終わりで4月から新しい生活が始まる人もたくさんいると思います。
色々な意味でストレスがかかるこの時期
普段以上に自分の体に向き合って生活をしていきたいものです。


今日は3.11

11年前から私たちにとって忘れられない日になりました。


What happened to me

喉元過ぎれば熱さ忘れる
ここ数年の私の体調のことを話していて本当にそう思いました。
すっかり忘れていることがいっぱいあります。

寝ている時に腕が麻痺して動かせない、当然寝返りも打てない。
普通のドライヤーが重たくて持てなくて旅行用の小さなドライヤーが精一杯。
ペットボトルが開けられない、ペンを持って字を書くことができない。
車の運転をすると腕が痺れるので交互に片手運転。

上肢だけだった症状が次第に両足にも広がってくる。
膝が痛くてしゃがめない。
足が痛くておしゃれな靴は一切履けなくなる。

こうやって人はうつ状態になるんだと考え始めました。



自分が専門であるはずの知識をフル稼働しても何がどうなったか説明できなくなって
きていました。

寝つきは良いけれど絶対に夜中に何度か起きる。
だんだん指が硬ってきて特に夜中から朝は拘縮して痛みが出てきた。

関節リウマチ
という病名がぐるぐる回る。
というのも母がそう診断されていたから当然私も遺伝的素因があるので。

嫌、私が最初に関節リウマチでしょうと母に言って薬を持って帰りました。
診断をされたのはそれからしばらく経ってからでした。
専門医にお任せしっぱなしでした。
そう、薬の副作用が出るまでは・・・。

私はそうならないようにしないと
それだけはずっと思っていました。

最近になってやっとほぼ症状は無くなりました。

痛みがなく過ごせることに本当に感謝です。


何が原因?
どうやって良くなったの?


原因の一つは怪我ですがそれだけではないでしょう。
どうやって良くなったのか、それはこれさえすればというものではありません。
ただ言えるのは自然の力は偉大だなということでしょうか。
そうなんです、西洋医学の力は一切借りていません。

この体験を忘れているわけにはいきませんね。 
ちゃんと伝えないと!

Supplements

Do you take supplements?
Supplement is a word that comes from the meaning of supplementation and replenishment.

I'm taking supplements because I'm worried about something just by eating.

It may prevent disease.

Maybe you can get wrinkles?
Could gray hair be reduced?
Maybe you're skinny?

I think there are people who take supplements from various thoughts.

I wanted to be a little more feminine
You can take supplements,
I thought that anemia would not improve, so I took supplements and
I have experience.



It is a supplement that is full of many in the streets,
Many contain chemically synthesized components.

Because our bodies have a lot in common with what is in nature
It judges what you know this.
However, chemically synthesized products can only be judged as foreign matter.

Medicines used to be made from plants or minerals.
that it came to be chemically synthesized for mass production or other reasons
There is a history.

Plants as a meal
And when something is a little missing, it is a plant of supplementing.
A plant that works as a medicine when your body is unwell.

The animal knows it by instinct.
People who have dogs and cats eat grass that they do not usually eat.
I think that you have seen the appearance to do.

Whether you really need the supplements you usually take
Please review it once.
Some things may not be what you need to eat properly.

Think about it when you want to take medicine.
Maybe you can improve on food.

To improve my current slump
What kind of food is good?
What kind of life should I live?

If you do not understand even if you think about it, please contact us.

Healthy life expectancy

Healthy and long-lived
Isn't that what everyone wishes?

2020The average life expectancy of Japanese people in 2008 is 87.74 years for women and 81.64 years for men.

Healthy life expectancy is 75.5 years for women and 72.6 years for men in 2019 data.
Both men and women are ranked no. 1 in the world.

Healthy life expectancy is a period of time when you can live without limiting your daily life due to health problems.
Defined.

Recently telework, he says he is sitting almost in a chair all day at stay home
There may be people, aren't there?

If you stay still, your muscles will surely decline.
Conversely, no matter how old you are, your muscles will stick.
The way of attaching is only different from when it is young.

Muscles aren't the only ones related to healthy life expectancy.

I want to be careful about what I eat.




There are few things that say that it is good to do only this.
Why don't you study properly and extend your healthy life expectancy even a little?

I myself studied various things because of my poor physical condition.
And after I felt a decline in physical strength after I was 40 years old, I began to move aggressively.
I was surprised that muscles are so tight.
I also tried various things about food myself.
It's not always right to be said to be good, but also in your own body
I am experiencing.

And above all, I've been clinical for many years and I've been in contact with a lot of patients
There are many things I have been taught.

Individual consulting, seminars, etc.
Please feel free to contact us.




Natural healing power

Natural healing power

It is the vitality that we humans have originally.

Homeostasis is the way to keep the body in a constant state.

When foreign bodies (bacteria, viruses, etc.) enter our bodies,
The immune corps is deployed to attack.
This immune corps is not just about strengthening.
Autoimmune diseases (e.e. rheumatism) that attack you if you are too strong (as is hay fever) or yourself
It will be.
Balance is important.

To maintain homeostasis, this immune system, autonomic nervous system, and endocrine (hormone) are successful
Need to work.



One of the reasons why this homeostasis doesn't work well is
Stress, and aging.

No one can avoid aging.

But this aging, but don't you think there is an individual difference?
Reunion after a long time, everyone should be the same age
Have you never felt completely different?

What youthful people are doing and what the secret is will be the place of interest to everyone
Wouldn't it?

It is no to say that youthful = skin is young = blood vessel age is young.
Such a person might have homeostasis kept and immunity work normally.

If you have this, it is not what you should eat even this.

You want to live a long life in the super-aging era.
If you are interested, please contact us.Contact us

You can do personal consultants, study sessions and seminars.

There is also a study session at the Wave Traditional Medical Association, so please join us. Annual and monthly membership fees are free of charge.
Wave Traditional Medical Association





Discomfort Index

High discomfort index
It is a word often heard from the rainy season to summer.
This is an indicator represented by temperature and humidity.

In summer in Japan, there are many areas with high humidity in addition to high temperatures.
For example, at 30 degrees, the discomfort index is high even if the humidity is as low as 35%.
When the temperature drops to 25 degrees, the humidity becomes 85-90%, which is an index that only feels uncomfortable.

This is an indicator of psychological and physiological stress.

It rains a lot and it is a season when it often feels stressful somehow.
Hydrangeas that bloom beautiful flowers in the season make you feel warm.



People because the unpleasant index does not go down just by looking at flowers,
Actually, how about including Kriya Hops in your mouth?

I like the method unexpectedly.

If you want to know more, please contact us.

hay fever

To you who are suffering from hay fever

When did the number of people suffer from hay fever increase in early spring?
I have an allergy, but fortunately, the antibody of the suki and the sunflower is
Almost zero.
However, I had symptoms at different times than others.

Yes, hay fever is one of the allergic reactions to certain plants.
This is a disturbance of immunity.

Because it is too painful, the medicine prescribed when going to the doctor is
None of this also sleeps.
Even if it is said that it is better to get drowsy than before
I still get sleepy.

When I was a student, I had a hard symptom and prescribed medicine.
I slept all the time in the car while traveling with my friends.
I was drowsy enough to not be able to get up.



Kriya Hops.
The symptoms of this painful hay fever by adjusting immunity
You can expect it to be less likely to come out.

In my case, I almost never felt any symptoms before I know it.

Because there are various ways of feeling depending on the person
If you would like to know more, please do not hesitate to contact us.