Kriya Hops

只今ホームページリニューアル中です。
営業は通常にしております。

茎や種からではなくホップの花からの抽出物
花は一番生物活性が高いので濃度を上げる必要がありません。


内容量:4オンス(約120ml)のMCTオイルにKriya Hops抽出物16mg/ml
大きめの約120mlボトル。
従来のCBDに比して7割増しの生物活性度を有しています。
THCを作る酵素を持たない品種です。


こんな方にお勧め
健康的な生活をしたい方
落ち着いた気分、自信のある気分を維持したい方
疲れを軽減したい方

Kriya Plex

Peak Health社は、Kriya® Hops CBDの「水溶性」バージョ ンであるKriya®Plexを発表。

ビタミンとアミノ酸を豊富に含む特許取得済み(特許番号 USPP31477P3)のホップCBDを、食品・ 飲料業界向けに販 売開始。 カリフォルニア州の非営利法人501(c)(3)であるPeak Health Centerは、特許取得済みのKriya® Hops CBDのビタミン/アミノ酸を乳化させた水溶性バージョンであるKriya®Plexの発売を発表しました。 この製品は、世界中の食品・飲料メーカーを対象に開発されました。 カンナビジオール(CBD)は、市場で最も注目されているサプリ メントの一つです。しかし、誰もが大麻に抵抗がなく、合法的に入手できるわけではありません。 これが、特許を取得したKriya®ブランドのHumulus植物が画期的な発見である理由の1つです。

アジアのホップ植物のみから作られた100%天然の植物性CBDサプリメントです。

特許を取得したKriya®ホップ植物は、もともとインドと中国のシルクロード地域に自生する植物で、2014年頃に初めてアメリカに紹介され、当初は研究のみに使用されていました。

逆説的ですが、ホップCBDの工業的生産を積極的に奨励し、触媒となったのは、ヘンプCBDの大手ディストリビューターであるNatural Hemp Solutions社のランディ・キンドレッド氏でした。 私はCBDの大ファンで、 市場で最高品質のCBDを求めています。 Kriya®Hopsに関わったことで、 私たちは多大な恩恵を受けています。 私たちは、特許出願中(特表2021- 506273 2021.2.22公表)の抗カンナビジオールモノクローナル抗体検査を 利用して、CBDの品質を向上させました。 私たちは今、特許出願中のビタミ ン/アミノ酸乳化剤に期待しています。 Peak Health社の長い歴史の中で、新たなイノベーションが生まれましたとランディ・キンドレッド氏は言います。
スリンダー・クマール博士は、ユニリーバ、クエーカー・オーツ・カン パニー、フリトー・レイ、ペプシコ、ワーナー・ランバート、ミード・ジョ ンソン、ウィリアム・リグレー・ジュニア・カンパニ ーなど、フォーチュン 100社に名を連ねる企業の研究開発を指揮しました。 彼は「これは非常にエ キサイティングな製品だ」と述べています。
CBDには多くの関心が寄せられていますが、法律の規制がないKriya®ホップの植物からCBDを得ることは重要です。 ビタミンやアミノ酸と一緒に水溶性にすることで、さらに魅力的 な製品となり、飲料や食品会社にとって無視できない製品となりました。

Peak Health社は、Kriya®Hops CBDを最大500mg/グラムの濃度で乳化させています。 今回市場に提供される Kriya®Plexの市販品は、CBDが200mg/g、脂溶性ビタミンとアミノ酸が200mg/gの濃度になります。 安定した乳 白色のエマルションで、水に完全に混ざり、最終製品は透明です。
2021年4月1日から販売を開始します。 Kriya®Plexの最低発注量は10キログラムです。
既存のお客様は新規のお客様より優先されます。

Peak Health Centerは、カリフォルニア州キャンベルを拠点とする501(c)(3)の非営利団体です。

その目的は、医薬品の使用を最小限に抑えながら、人々の健康を改善することです。 世界中の医師や科学者が、内因性の健康や薬理学の知識を深めるためにボランティア活動を行っています。 日本からのお問合せおよび注文は、開発者であるPeak Health Centerボミ・ジョセフのパートナー、株式会社Peak Health Energyへお願いします。

お問合せ先 株式会社Peak Health Energy
HP https://www.phenegy.jp
電話番号 090-8824-0518
Email peakhealthenergy@gmail.com


Kriya Hop ImmunAG CBD
Kriya Hops CBD 開発者Dr. Jospehが語る
PeakHealthEnergyとKriya Hops CBD

動画はこちらをクリック↑
特許
特許の詳細はこちらをクリック↑
全てのCBDが同じように作られているわけではありあせん。
生物活性とはある物質が吸収されるとその物質が実際位どのくらいの
効果を発揮するかを示しています。
CBDは自然界にはΔ2-CBDという1種類しか存在しません。
CBDの他のタイプは、分子が合成的位作られたり、加熱や加工によって変性した
時に作成されます。
また同じ植物の異なる部分から抽出されたCBDは生物活性が著しく低くなることが
あります。ある分析研究ではヘンプ由来の商業的なCBD製品の生物活性は非常に
低く変動性があることがわかりました。ImmunAGはそれに比べて少なくとも
76%高い生物活性を持っていました。

Measuring the bioactivity of phytocannabinoid cannaidiol from cannabis sources,
and a novel non-cannabis source.
Journal of Medical Photo Research Vol.1,Article 2,(8-23)

どの器官でもクリヤホップとヘンプ由来のCBDの間に
生物活性の有意差はありませんでした。


クリヤホップはヘンプ由来の市販CBD製品よりも
全てのサンプルで高い生物活性を示しています。

当社の品質証明書